マミートラックが悔しい!対処法と抜け出し方を現役ワーママが解説

しおり

もっとできるはずなのに、やりがいのある仕事を任せてもらえない。これがマミートラック?なんとか抜け出す方法はないものか・・・

ワーママとして働くことは自分で選んだ道ではあるものの、出産前に比べて責任のある仕事を任せてもらえない、昇進・昇給の対象から外れるなどの理不尽を感じることがあるかもしれません。

この記事では、外資系企業で働く現役のワーママが、「マミートラックから抜け出したい!」と悔しい思いをしているワーママのお悩みにお答えします。

この記事を読めば、マミートラックから抜け出すための具体的な方法と、希望のキャリアを実現できる新たな選択肢を知ることができますよ。

子育て期であるという理由だけで、キャリアップのチャンスを奪われるべきではありません。ママになっても自分の望むキャリアを犠牲にせず、自分らしく働いていきましょう!

しおり

現職に残る方法も、転職する方法も、両方解説しています。ぜひ最後まで読んで、自分に合った選択肢を見つけてください。

ワーママにおすすめの転職エージェント・サイトはこちらから

スクロールできます
転職エージェント/サイトこんな人におすすめ
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image.png
初めての転職
幅広い選択肢を見たい
転職ノウハウを知りたい

自分の市場価値を調べたい

自分のペースで転職したい
ハイクラス転職に挑戦したい
JAC
英語力を活かして働きたい
外資系企業中心に探したい
高年収求人を狙いたい
Table of Contents

マミートラックとは

マミートラックとは

マミートラックは、もともと子育て期の女性に働きやすい環境を提供するポジティブな意味から発生しました。実際マミートラックをメリットと感じて利用する人もいます。

マミートラックがどのようなもののか、詳しく見ていきましょう。

マミートラックの定義と原因

マミートラックとは、産休や育休から復帰した女性が出世コースから外れたり、キャリアアップが難しくなってしまったりする状況を指す。1988年の米国でこの言葉が生まれた当初は、「産休・育休から職場復帰した女性が働きやすい社会づくり」というポジティブな意味合いで使用されていたが、現在の日本ではネガティブなイメージで使われることが多い。

背景には、育児中の従業員が労働時間の制約を受けがちなこと、それにより単純作業しか割り当てられないことが多く、本人のキャリア形成やモチベーションの維持が難しいといった事情がある。

日経ビジネス マミートラックとは?育児中の女性を襲う意欲喪失にどう取り組む より一部抜粋

もともとポジティブな意味で生まれたマミートラックという言葉も、現在ではネガティブなイメージで使われることが多いです。

しおり

時間的制約があるという理由で、重要な仕事を任せてもらえなかったり、それによって昇進・昇給の対象から外れたりするという事情があるようです。

「難易度や責任の度合いが低く、キャリアの展望もない」=「マミートラック」に該当する女性
の割合は、女性全体で46.6%、総合職で約4割

第一子出産後に仕事に復帰した際に「マミートラック」に入ったと感じかつ現在も「マミート
ラック」にいると回答した女性は7割で、一旦、「マミートラック」に入るとなかなかそこから脱出するのは容易ではない

公益社団法人21世紀職業財団の子どものいるミレニアル世代夫婦のキャリア意識に関する調査研究(2022年)

この調査からは、以下のことがわかります。

  • 調査対象の半数近いワーママがマミートラックを経験している
  • マミートラックを経験した女性のうち70%がマミートラックから抜け出せていない
しおり

マミートラックは、多くのワーママが経験することなのですね。

メリット

実は、マミートラックをメリットに感じているワーママも一定数います。

例えば以下のようなポイントがあげられます。

  • 残業なしで帰れる
  • 急に休んでも周囲への影響が少ない
  • 仕事のストレスが少ない
しおり

育児に軸足を置いた働き方ができるという点をメリットに感じているようですね。

デメリット

一方、「出産前と同じようにキャリアを積みたい」と望むワーママにとっては、以下のようなポイントがマミートラックのデメリットとなります。

  • 昇給・昇進ができない
  • やりがいを感じられない
  • 責任のある仕事や難易度の高い仕事を任せてもらえない
しおり

仕事の能力が下がったわけではないのに、子育てによる時間的制約があるだけで、やりがいのある仕事を任せてもらえないのは理不尽ですよね。

マミートラックの体験談

実際にマミートラックになって悔しい思いをしているワーママの声を集めてみました。

悔しい気持ちを持ちつつも、家庭や育児を犠牲にしたいわけではない。ワーママだからこそのバランスの取り方にモヤモヤしてしまっているという体験談

昇進のチャンスがあったのに、時間的制約を理由にためらってしてしまったことを悔やむ声

会社からは配慮してもらっているとわかっていても、悔しいと感じてしまう声

共感できる体験談はあったでしょうか。

しおり

悔しい思いをしている一方で、時短勤務や残業なしなどの措置を取ってもらっているという負い目もあり、遠慮しているママがいることが印象的でした。

会社としては、子育てしながら働ける環境に配慮する形で、あえて難易度や重要度の低い仕事を割り当てているケースもあるでしょう。

ありがたいと思う一方で、本当に実現したいキャリアとは違うのでモヤモヤしてしまいますよね。

マミートラック抜け出し方3ステップ

マミートラックを抜け出すには、大きく分けると次の2つの方向性があります。

  1. 現職に残る
  2. 転職する

どちらの方法がベストなのかを、次のステップに沿って確認してみましょう。

STEP
上司や人事に相談する

ここで、現職に残って抜け出せる状況なのかどうかを見極めます。

STEP
マミートラックを利用してスキルを磨く

現職に残る場合も、転職を視野に入れる場合も、両方のケースで有効です。マミートラックを賢く利用して、ベストな条件で抜け出します。

STEP
転職を視野に入れて活動する

現職では抜け出せないと分かった場合は、転職を視野に入れます。

しおり

それぞれのステップで具体的に何をすれば良いのか、詳しく解説していきます!

STEP1. 上司や人事に相談する

まずは、自分の希望する働き方を率直に上司や人事に相談してみましょう。

会社としては、育児中社員の働きやすさに配慮して、あえて単純作業などの簡単な仕事を任せている可能性もあるからです。

以下のような内容を具体的に伝えましょう。

  • 配慮してくれていることへの感謝の気持ちを持っていること
  • 時間的制約はあるものの、出産を経て仕事の能力が下がったわけではないということ
  • 現在任されている仕事が希望と異なるということ
  • 自分の〇〇のスキルを活かして、出産前のように△△のような仕事をしたいということ(状況に合わせて具体的に)
  • 基本的に残業はできないが、日中の生産性を上げるために工夫しようと思っていること
  • 子どもの体調不良による急な休みについては、どのように対処できるかということ(事情に合わせて具体的に:在宅勤務を許可してもらえれば、家族のサポートを受けながら◯時間くらいは働ける等)
しおり

感情的にならずに、ビジネスの交渉として冷静に話をしましょう。
時間的制約や急な休みに対してはどのように対処するつもりなのかも合わせて伝えると、会社も動きやすくなります。

これらを伝えた結果、会社として理解して対応してくれるなら、現職に残ったままマミートラックを抜け出せる可能性もあります。

マミートラックを脱出できた理由は、上司の関わり、働き方の変更、家事・育児負担の減少

公益社団法人21世紀職業財団の子どものいるミレニアル世代夫婦のキャリア意識に関する調査研究(2022年)

同調査でも、マミートラックから抜け出せた理由の一つとして、「上司の関わりや働き方の変更」があがっています。

相談してみた結果によって、以下のようにキャリアの方向性を見極めていきましょう。

要望を聞き入れてもらえそうなら

現職に残ったままマミートラックから抜け出せる可能性があります!

要望が通らなそうなら

STEP3で転職を視野に入れましょう!

STEP2. マミートラックを利用してスキルを磨いておく

育休から復職した直後はあえてマミートラックに乗ってスキルを磨いておくこともオススメです。

単純作業の簡単な仕事は素早く終わらせて、残った時間をスキルアップのための時間にあてると、現職に残る場合も転職する場合も、どちらでもメリットがあるからです。

しおり

いかにスキマ時間を捻出するかは、マミートラックから抜け出した後、効率的に仕事を終わらせて生産性を上げて働く練習にもなりますよ!

①現職に残れそうな場合

STEP1で伝えた要望が聞き入れられても、人事異動や配置転換には一定の時間がかかることも。

その場合は、待っている時間に関連資格の勉強や関連スキルの習得を進めておきましょう。

いざ配置転換となった際に、以下のようなメリットがあります。

  • 資格を取得することにより、高い評価を受けられる可能性が上がる
  • スキルを習得することで、時間的制約があっても生産性を高められる

②転職を視野に入れる場合

転職を視野に入れる場合でも、育休から復職後、1-2年はマミートラックを利用してスキルを磨くことをおすすめします。

なぜなら、一番良いタイミングで転職したほうが条件の良い転職につながるからです。

しおり

育休復帰直後はまだ子どもが小さく、急な体調不良で仕事を休まざるを得ない頻度が高いので、転職先で新しい仕事を覚えてスタートダッシュをするには適していない時期です。

タイミングが来るまでは、スキルを磨いておく時間としてしまいましょう。

ビジネス英語やExcel等のビジネス基本スキルの勉強は、仕事のスキマ時間や通勤時間にもできるのでおすすめですよ。

ワーママの転職活動に理想的なタイミングはこちらの記事で詳しく解説しています。

STEP3. 転職を視野に入れて活動する

現職で要望が通らない場合は、転職することでマミートラックを抜け出すことを視野に入れます。

しおり

「マミートラックから抜け出したいから」は立派な転職理由になりますし、そのように働く意欲の高い人を採用したい企業もたくさんありますよ!

転職に向けて、まずは以下の2つの準備を進めていきましょう。

①転職について家族にサポートを依頼する

家族のサポートが得られると、ワーママの転職活動は非常に進めやすくなります。

なぜなら、ただでさえ働く時間の制約のあるワーママが、転職活動のための時間を捻出することは、家族のサポートなしには難しいことだからです。

しおり

ママがキャリアアップのための転職をすることで、家計全体へのメリットもあるということをパートナーに理解してもらえると良いですね。

マミートラックを脱出できた理由は、上司の関わり、働き方の変更、家事・育児負担の減少

公益社団法人21世紀職業財団の子どものいるミレニアル世代夫婦のキャリア意識に関する調査研究(2022年)

既出の調査でも、マミートラックから抜け出せた理由の一つに、「家事・育児負担の減少」があがっています。

パートナーも多忙な場合や、その他身内の協力を得にくい環境の場合は、家事や育児を外注するなど外部のリソースを使うことも検討できます。

②転職エージェントに登録する

転職活動を始める際には、まずは転職エージェントや転職サイトに登録するところから始めましょう。

エージェントやサイトに登録すると、以下のようなメリットがあります。

  • キャリアプランを相談できる
  • 自分の市場価値を知れる
  • 条件に合う求人を教えてもらえる

転職活動に慣れていない場合は、1つ目の転職エージェントとして、まずはに登録するのがオススメです。

求人数が非常に多いため、市場にどのような求人があるのか、自分の経験やスキルが活かせる求人がどの程度あるのかということを網羅的に知ることができるからです。

ワーママにおすすめの転職エージェント・サイトはこちらから

スクロールできます
転職エージェント/サイトこんな人におすすめ
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image.png
初めての転職
幅広い選択肢を見たい
転職ノウハウを知りたい

自分の市場価値を調べたい

自分のペースで転職したい
ハイクラス転職に挑戦したい
JAC
英語力を活かして働きたい
外資系企業中心に探したい
高年収求人を狙いたい

マミートラックがない会社3つの特徴

転職するなら、マミートラックがない会社でないと意味がないですよね。

マミートラックがない会社には、以下のような特徴があります。

  1. ジョブ型雇用
  2. 成果をフェアに評価される環境
  3. 家族や育児に理解あるカルチャー

マミートラックとは無縁の会社を探すワーママに特におすすめなのが、外資系企業です。外資系企業は、上記の3つの特徴がすべて当てはまるからです。

しおり

私自身も外資系企業で働くワーママですが、マミートラックとは無縁です。仕事は厳しい面もありますが、自分の臨むキャリアを積むことができていますよ。

外資系企業の情報と合わせて、マミートラックがない会社の特徴を一つずつ解説していきます。

特徴①ジョブ型雇用

ジョブ型雇用とは、先にポジションと仕事内容を決め、その仕事を遂行できる能力やスキルのある人を当てはめて採用する雇用形態のことです。

採用の時点でその人の仕事内容が明確にされており、会社主導の異動もないため、出産・育休を経ても仕事内容が変更されることがないというのが大きな特徴です。

外資系企業で多く取り入れられている採用手法です。

ワーママはどうしてる?

本人の仕事の範囲が明確になっているため、子どもの体調不良で急な休みを取ったとしても、別の人にしわ寄せが行くということがあまりありません。

直属の上司がサポートに入ってくれる場合もありますが、基本的には本人がなんとか自分で挽回しなくてはいけません。

しおり

この点は外資系企業のシビアなところです。ただ、リモートワークに対応していたりフレックスタイム制があるケースも多いので、なんとか時間をやりくりしながら自分の責任範囲をやり遂げるようにしていますよ。

逆に日系企業はポジションを固定することが少ないため、会社主導の異動が多く行われ、マミートラックになるリスクが拭いきれません。

特徴②成果をフェアに評価する環境

成果主義の環境では、「ママであること」などのステータスは一切関係なく、誰でも実力をフェアに評価され、活躍できるチャンスがあります。

ワーママはどうしてる?

「成果」のみが評価対象となるので、働く量(=時短勤務、残業ができるかどうかなど)は関係ありません。ワーママは短時間で効率良く成果を出さなくてはいけないという大変さはあります。しかし生産性高く成果を出せば、時間的制約に関係なく、正当に評価されるフェアな環境だとも言えます。

成果主義は外資系企業の大きな特徴の一つで実力のあるワーママがフェアに評価される環境だと言えます。

年功序列とは真逆なので、長く働くことで評価されたり、自動的に昇進したりすることはありません。

成果主義についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

特徴③家庭や育児への理解があるカルチャー

上司が家庭や育児への理解があることは理想的ですが、個人単位ではなく、「会社として」そのようなカルチャーが根付いている会社であれば、ワーママにとっては働きやすい環境だと言えるでしょう。

外資系企業では、「仕事が終わったら家族や友人など自分の大切な人との時間を過ごす」という欧米のカルチャーが根付いており、ワーママだけではなく、全社員が仕事とプライベートのメリハリを付けて働いています。

ワーママはどうしてる?

外資系企業は、「家族は優先して当然」というカルチャーなので、子どもの体調不良や学校行事などでお休みを取ることで気まずい思いをすることはありません。

しおり

仕事の遅れは自分で取り戻してね、というドライな雰囲気はあるものの、お休みすることを申し訳なく思う必要がないのは精神的にとても居心地が良いです。

外資系企業のカルチャーや働き方については、こちらの記事で詳しく解説しています。

まとめ:マミートラックが悔しいのはわがままじゃない!

今回は以下の点について解説しました。

  • マミートラックの抜け出し方
    1. 上司や人事に相談する
    2. マミートラックを利用してスキルを磨く
    3. 転職を視野に入れる
  • マミートラックがない会社の特徴
    1. ジョブ型雇用=育休復帰後も仕事内容が変わらない
    2. 成果主義=時間的制約がデメリットにならない
    3. 家族や育児への理解があるカルチャー=居心地が良い

社会に出て働くからには、独身であっても、子どもがいてもいなくても、女性でも男性でも、自分が希望するキャリアを追求していくのが理想的だと思っています。

そのために、マミートラックがない会社の特徴を持つ、外資系企業への転職をおすすめしてきました。

時間的制約のあるワーママも、外資系企業への転職を選択肢に入れると、自分の希望するキャリアを犠牲にしないで働くことができるからです。

外資系転職におすすめの転職エージェント・サイトはこちらから

スクロールできます
転職エージェント/サイトこんな人におすすめ
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image.png
初めての転職
幅広い選択肢を見たい
転職ノウハウを知りたい

自分の市場価値を調べたい

自分のペースで転職したい
ハイクラス転職に挑戦したい
JAC
英語力を活かして働きたい
外資系企業中心に探したい
高年収求人を狙いたい
しおり

「そうは言っても外資系企業への転職ができるか不安」という場合は、こちらの記事も参考にしてくださいね。

それでは、また!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
Table of Contents